忍者ブログ
超不定期更新で自由です。
 374 |  373 |  372 |  371 |  370 |  369 |  368 |  367 |  366 |  365 |  364 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

8月13日はナノナノの誕生日!
おめでとーなのだ!

と、言うわけで今日の謎日記はナノナノが書くのだっ!

今日はある画像を作ってたのだ。
えっと、「宿題しやがれこのアホが!!って言っちゃ駄目ですよ」、なのだ。

一応、少し宿題も進めてるのだー。
でも夏休みがもう1週間ないのだ・・・・
終わらないかもなのだw


あと、今日はイナズマイレブン見たのだー。
なんか立向井がすごいのだ・・・見ただけであんなに・・・。
ところで次回予告の風丸が入院フラグっぽかったけどどうなっちゃうのだ!?
来週怖いのだぁ・・・・


そして、そちたちとでじこラジオも聴いたのだー。
そちたちがなかなか更新されなくて聞いたのが結局さっきだったのだ・・・
ちょっと管理人が恥ずかしくなっちゃったみたいなのだーw


じゃあ、ナノナノはそろそろ帰るのだっ!
まったな~のだ~♪



続きはコメント&拍手返信なのだ♪

★グリッターさん
お誕生日おめでとうございますーーーー!!!
ナノナノと同じでいいな・・・・w←

おぉぉ・・・たくさん集めたな・・・
ってノアそりゃびっくりするよなぁ・・・w

ってノアー!カズヤはまだ死んでないから!w

うあああ目が!!目がああああ!!w(違

ってみんなナツメの後ろにww

てか午前3時前!?そんな時間だったのか・・・

おぉ・・・テキーラお疲れ様・・・

って分離魔法!?さ、流石・・・・
そしてベリータがテキーラの頭なでたのに萌えた自分←

?ラキアそれどういうこ・・・ってぎゃああ!!!配線が!!
くっ・・・・このままではカズヤが・・・・!

ん?もうひとつの光って・・・カ、カルーア!?
よかった・・・心配した・・・ってえ、ちょ、この命に代えてもって・・・・
まさか・・・!?

え、ちょ、カルーア!!!!



★ゼロ
いやぁ、ついww
親につれてきてもらったw
こんなチャンスないしね♪
んー。にぎにぎのキーホルダーならあるんだけど首があああ!!になってしまってorz
ストラップほしかったな・・・

アニスのぬいぐるみが出たらテンションが尋常じゃなくなると思います←


★鈴音
気にしないで^^
ありゃー問題発生してたのか;;;

ごめんねー、昨日は起きたら昼で><
絡めなくてごめん;;;;

ハンゲ内の放送・・・どこだかわかんなくて行けなかったorz
ごめん;;;

スカ通・・・いつかやろうね♪w

そうwこれが先生だよーwww
もしかしたら・・・・コンビニでまだ売ってるかも・・・?w

なるほど!でも不器用だから作れないぜorz


★くじら
生茶パンダ先生かわいいでしょーw
あ、ボトルからの出し方私も最初疑問だったー。
でも買ったら、下にふたがあったからそこ上げて出したよw
飲むところから出たら・・・先生すげぇww
数量限定だからわかんないけど、コンビニにまだ売ってるかもw




拍手返信!

★グリッターさん
カズヤとミルフィーの作ったお菓子食べたいなぁ・・・・www
ってグランダルシェですと!?あの幻の!?
てか懐かしいなぁ・・・アニメGA第1期のやつじゃないかw
ちょ、店長の極秘レシピ!?半年!?またすごいこと・・・・
ちょwwwwポン・デ・リングwwwwwwww
てかレシピ長えwwww
てかおまwwwwwwおっぱいプリンてwwwww
生茶噴出すとこだったわ!!!www
店長wwwユーモアすぎwwww
てかもう作ってたのかよwwww
てかナノwwwwwwサイズはアニスぐらいってwwwwwww
確かに小s(ダークスラッシュサンダーパンチ
そりゃまあセクハラしてる気分になるわなwww
でもおいしいのか・・・・うーん・・・・・たべt(ry←


いや確かにミニスカは風吹いたらきゃー!!だけどwww
確かに地下鉄は・・・ってナツメ一体どこでそんなことをwwwww
あー、映画ねwwwナツメ・・・・頼むからピーな映画はみないd(ry
ってナツメなぜそれを知ってるwwwwww
お、流石にリリィ動揺・・・・ってナツメおまwwwwww捲るなwwwwwwwww
ちょwwww黒ですかwwwwってナツメやめなさいいいいいwwwwww
てかアニス見てたのかよwww
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
お盆だよ!連休少ないよ!?
今日は半日仕事だったよ…連休が3日しかないから大変だよwでも、話は頑張って書くぜぇ…


第4話『光と闇の戦い』PART4


翌日…トランスバールシティにおいて、謎の破壊活動が行われていると言う緊急連絡を受けたRA隊。カズヤの安否も心配だったが、被害を受ける街の為にも、急ぎ現場へ向かう事を優先。テキーラは、引き続きカズヤの見張りを任される…。


アニス「昨日、医療施設の一部で停電があったそうだぜ!もしかしたらそいつの仕業かもしれねぇぞ!?」
リリィ「如何言う事だ!?」
リコ「破壊活動の元凶が、何故かわざと人に被害を及ぼさない様に行動しているからなんです!」
ナノナノ「それって…私達を誘い出す為の…罠!?」
ナツメ「有り得るな…紋章機を改造する程の力を秘めた謎の敵…器用な真似をする限り、油断は出来ぬぞ!」

一行が現地に着いた時、現状の悲惨さに絶句する…人が死んだ気配は無かったが、周辺の建造物はその形自体が原型を止めておらず、公園は辺り一面が焼け野原になり、ビルの瓦礫が所々に飛び散っていた…

リコ「こ、これは…」
リリィ「む、惨い事を…これで死傷者ゼロが、信じられない…」
アニス「畜生!俺達なめられてるのか!?」
ナノナノ「親分落ち着いてよ!まだ敵が居るかもしれないんだよ?」
ナツメ「おのれ、何と非道な…姿を現せ!一体何故わらわ達を狙うのじゃーッ!!!」←辺りを見回し、叫ぶ

???「フフフ…やっと現れたわね。ルーンエンジェル隊…あら?一人魔女の子がお留守番かしら?」←閃光と稲妻を纏い、天空から6枚の光の翼を背に持つ女性が現れる

RA隊「!!?」

ラキア「初めまして…私の名はラキア。古より蘇りし、真なる世界の創造主…ルーンエンジェル隊、貴女達は粛清される運命にある…この私の手によってね」

アニス「な、何言ってやがるんだテメェ!?」
リリィ「貴様…創造主だと!?」
ナツメ「そちがヘレアとセレナを蘇らせた張本人じゃな!?わらわ達の紋章機を改造し、ガードレアルなる刺客を送りつけてきたのも…全てそちの仕業じゃろう?!」
ナノナノ「許せない…どうしてこんな事をするの!?」

ラキア「ギャーギャーと良く叫ぶわね…なら教えてあげるわ。貴女達は人であって人でない力を得た、この世界には不必要な存在なのよ…だから消すの。それがどうかしたの?」

アニス「冗談じゃねぇ!そんな理由だけで殺されてたまるか!!それに、人を超える力って一体何の事だ!?訳解らん話しやがって!!」

ラキア「知らないとは言わせないわよ…私の子供達を一度は倒したあの力の事を忘れた訳ではないでしょう?」

リリィ「な、何だと!?あの時の…カズヤと一つになった時の力がか?!」

ラキア「…あれは、貴女達の身体に存在しているもの。カズヤ・シラナミはそれを引き出す“光の英雄戦士”の力の一部を解放したに過ぎない…」

RA隊「!?」

ラキア「元々、貴女達の能力は、古い超生命体の種族が使役していた力…その力を宇宙全体の和平の為に使っていたというその者達は、最初の銀河分断の際に甚大な被害を受け、滅亡の危機に立たされた。けど、一人の人間との交わりによって自らの力を受け継ぐ存在を生み出し、やがて人から人へと継承させる事によって一族の血筋を維持してきた。それが、現在でいう貴女達と先立ちのMA隊…所謂ギャラクシーエンジェルと呼ばれる超能力者達…と言う訳」

ナツメ「な、何じゃと…わらわ達エンジェル隊全員が、超古代文明人の…子孫!?」
ナノナノ「ちょっと待ってよ!じゃあ私はどう言う事になるの!?私は人間じゃない…ナノマシンなのに…何故そんな力を持っていると?!」

ラキア「簡単な話よ。ナノナノ・プディング…貴女は元々人間だった存在…それが、ある世代になって人類が初めて高度な機械文明を開発した時、その時力を受け継いでいた人間の遺伝子を組み込まれ生み出された。けど、その人間は新たな世代に力を継がせられないままこの世を去り、結果その一族の血は途絶えてしまった…けれど、生前にその人物の遺伝子を受けていたナノマシン…つまり貴女は、他のナノマシンと違い起動した時から人を癒す者としての力を使えた。と言う事よ」

ナノナノ「!!?」

リリィ「貴様…そこまで話しておいて、ならば何故我々を消そうとする!?古の時代に、我等が祖先と運命を行き違えたとでもいうのか?!」

ラキア「察しが良いわね、リリィ・シャーベット…その通り。私はかつて貴女達の祖先とは良く似た存在だったもの。しかし、正義に誠意を尽くし過ぎた一族は、掟に背いたとして無実の罪を背負わされた私の夫“ゼフォー”を“古代戦士ティガ”の説得も聞かず…私の目の前で…殺したのだ!」←バックに稲妻を背負う

リコ「な、そんな…それじゃあ、私達を狙う理由は…時を越えてまでも一族への復讐を果たす為に…!?」

ラキア「そうよ!私は、宇宙の闇を支配する程の邪悪な念を身に付けたまま眠りに就き、幾千幾億の時代を“無限の回廊”の中で待ち続け、この時が来るのを待ち続けたのだ…そして今、“裏宇宙”への干渉によって先に目覚めた我が子ヘレアとセレナからの呼びかけによって、一族の末裔がこの世界に存在した事を知り、再起の為の力を蓄え、再び蘇ったのだ…!!!」←凄まじい覇気を放ち、それは衝撃波となって周囲に爆撃を起こす

RA隊「?!!」

ラキア「さあ、長話はお終いよ!貴女達は私が倒す…誰にも邪魔はさせない!ハァァッ!!」←両手から1000万Vの超絶破壊電撃!

リコ「危ないッ!!」←辛うじて全員避ける

リリィ「ぐうっ!な、何て強力な電撃だ…マジョラム少尉の究極魔法クラスの力を振るうのか?!」

ラキア「行きなさい!『マインズ・スフィア』!!」←6枚羽根から強力追尾爆破弾

リコ「(ディシュゥ!)きゃあああっ!!」
アニス「(ディシュゥ!)うあああっ!!」
ナツメ「(ディシュゥ!)くあああっ!!」
ナノナノ「(ディシュゥ!)んあああっ!!」
リリィ「(ディシュゥ!)ぐあああっ!!」

(くぅぅ…つ、強い…こ、この力は…今までの敵の比じゃない!!)

…ラキアとリコ達が戦闘を開始した同じ頃…慌しい復旧作業の中、ノアがカズヤの手を握っていた。


ノア「カズヤ…今はアンタだけが頼りなのよ。だから、あと少し…あと少しだけ…せめて、彼女達が窮地に陥る前に…!!」

ノアの必死の願い…すると突然、カズヤの身体が激しく光を発した…そして、カズヤの胸元のライフゲージに、再び光が甦った…!!


NEXT…PART5
グリッターTIGA 2009/08/14(Fri)01:54:20 編集
無題
ナノナノお誕生日ヽ(〃・ω・〃)ノ☆゚'・:*☆オメデトォ♪

そして…
スカ通ゎいつか必ずしましょうwwww

でも相変わらず僕…話すの苦手な子だけどねwwΣ(ノ∀`*)
鈴音(桜華) 2009/08/14(Fri)03:15:06 編集
返信ってなに?
返信ってなに?
BlogPetのミルフィーユ URL 2009/08/15(Sat)14:51:07 編集
ミルにゃんが更新
ミルにゃんが更新するの?
BlogPetのミルフィーユ URL 2009/08/17(Mon)14:05:38 編集
久々の二回カキコ…
お久史プリングルス!今回は久し振りに1ブログ2回目のカキコをご提供致します…あと、Web拍手SSも結構書き込みました。


第4話『光と闇の戦い』PART5


(ババババシュゥ!)

RA隊「うあああああッ!!」

リコ「っ!」
ナノナノ「うぅっ!」

リリィ「っぐ!」
アニス「っう!」

ナツメ「づっ…っ!」

ラキア「フフフフフ…他愛無い。隊長の存在は愚か、メンバー一人欠けた程度でその様とは…」

アニス「う、うっせぇ…ちょっと調子出ないだけで大口叩くか…っ!」
ナツメ「絶対に諦めぬぞ…例え前のめりになってでも、そちの粗暴を許してなるものか!」
ナノナノ「そうだよ…関係の無い命が、無駄な戦いで失われるなんて…そんなの間違ってる!」
リリィ「貴様の思い通りには…絶対にさせん!この命尽きようともな!!」
リコ「絶対に守る…カズヤさんも、皆も…この世界も!」

傷つきながら、それでも必死に立ち上がる天使達…しかし、嘲笑するラキア

ラキア「それは健気ね…でも、貴女達忘れてるわよ。私がやった医療施設の電力の遮断…何処が止まったと思ってる?」

リリィ「な、何!?」

ラキア「それはズバリ、カズヤ・シラナミの集中治療室の配線だけを狙ったのよ…それが意味する事は、解るでしょう?」

RA隊「!!?」

リコ「そ、そんな…じゃあ、カズヤさんは…」
アニス「この野郎―――!!」
リリィ「おのれ!我々の裏を掻いたのか?!」
ナノナノ「それでノアが慌ててたんだ!?」
ナツメ「な、何とした事…くっ!」

ラキア「フン!」←念動雷撃を放ち、リコ達を拘束して宙に浮かべる

RA隊「うっ、うああ…っ!」

ラキア「これで解ったでしょう…貴女達の常識など、創造主たる私の“千里眼”にかかれば、裏手を読むなど造作も無い事…人は人として生きるべきもの…神を相手に戦う存在など…必要ない!はぁぁっ!」

(ドゴッ!バギッ!ダガッ!ズガッ!ダンッ!)

リコ「きゃあああっ!」

リリィ「うあああっ!」

ナノナノ「あああっ!」

アニス「づああああ!」

ナツメ「んあああっ!」

瓦礫の山に投げつけられ、更に中央公園まで弾き飛ばされる

RA隊「うぐっ…っ…」

大ダメージを受けるRA隊に、ラキアは更に追い討ちの如く破壊光波を浴びせる…

アニス「(ディシュビシュゥ!)うああああ!?っはぁ!!(ディシュディシュ!)」
リリィ「(ディシュビシュゥ!)ああああっ!ぐううっ!!(ディディシュゥディシュ!)」
ナツメ「(ディシュビシュゥ!)うあっ!(ディビシュゥ!)ああああああっ!!」
ナノナノ「(ディシュビシュゥ!)んぁあああっ!(ビシュディシュゥ!)やああああっ!!」
リコ「(ディシュビシュゥ!)ああああっ!(ディディシュゥ!)あはあああっ!!」

ラキア「フフフ…ハハハハハハ…!!」

非情とも言うべきラキアの猛威…しかし、それは一瞬にして乱される!


―ズバシュッ!―


ラキア「!?」←異様な気配と共に飛んできた、緑の光弾を紙一重で避ける

RA隊「う…あっ」

???「皆ッ!!」←落下するリコ達を一度に受け止める

リコ「!?…か、カズヤ…さん?!」
アニス「お、お前…どうして…」

TIGAカズヤS「皆、遅れて御免」

リリィ「よ、甦ったのか…?!」
ナツメ「き、奇跡じゃ…じゃが、どうやって!?」

TIGAカズヤS「彼女のおかげさ…」←そういって空を見上げれば…


天使覚醒カルーア(VF)「…!」←目の色だけが銀色の状態。


ラキア「な、何だと…何故貴女が…深層意識の中に消えていた筈じゃ…!?」

リリィ「ま、マジョラム少尉…間延びした少尉か!?」
リコ「か、カルーアさん!!」
ナツメ「今の攻撃は…カルーアなのか!?」
ナノナノ「カルーア、目の色がカズヤと同じだ」
アニス「か、カルーア…けど、何で?」


TIGAカズヤS「彼女が自らの身体を光に変えて、僕を包み込んだ…一つになった彼女の優しい光で、僕は力を取り戻したんだ。人は、人として最後まで諦めない限り、その身体を光に変える事が出来る…ラキア、TIGAの光の能力ならお前にだってわかるはずだろう!?」


ラキア「く…其処までは認識出来なかった…おのれ、私としたことが…」


カルーア「テキーラさん!ベリータさん!」←カズヤに念力で新たに作って貰ったティアラから、光が二つ出現し同時に実体化!


テキーラVF「ラキアとか言ったわね。よくも私の仲間に痛い思いさせてくれたじゃないの!」

ベリータVF「貴女だけは、絶対に許さない…この世界は、壊させはしないわ!」←力強く手を合わせ、魔方陣展開

ラキア「な、この力は…!!?」

テキーラ「超究極魔法!最大秘術!!」
ベリータ「エリュトロン・ヘキサクロス!!」

カルーア「ブレイク――――ッ!!!」

TIGAカズヤS「フッ…ガァァァ、ティッ!」←スカイタイプTIGAカズヤの必殺技。両手に集めた雷の超エネルギーを凝縮し、あらゆる物質を破砕する強力破壊光弾を放つ!

【ランバルト光弾―――!!】

キュイイイ…ズダァァァッ!!…ズバシュゥゥッ!!

ラキア「うぐっ…(ディディバババシュ!)っはああああ!(ディディシュ!)っ、ぐあああっ!!」←先にカルーア達の技が命中。そこに、ランバルト光弾が追撃で炸裂!大ダメージで地面に落下

マジョラムズ、ゆっくり降下し着地

カルーア・テキーラ・ベリータ「…!」

ラキア「くっ…貴様…“天使(エンジェル)の血”に目覚めたか…この力、祖先の代にも引けを取らない…それに、ランバルトの雷が追い討ちに来るとは…っ」←背中の羽根が1枚吹き飛んだ

TIGAカズヤS「ラキア!お前がどんな卑劣な策に講じようと、強い心を持つ彼女達の結束した意思は、どんな事があっても破る事は出来ないぞ!これ以上、皆を傷つけるというなら…今度は俺が容赦しない!」←前に出て、怒り心頭の構え立ち

ラキア「く…TIGAの継承者…エンジェルの末裔達…このままでは終わらない…!」←形勢不利を予感し、退散を判断。天に浮かんで姿を消す

・・・こうして、未曾有の危機は去った・・・

カルーア「…創造主、ラキア…」
テキーラ「やったわね。取り敢えず…」
ベリータ「そうね…」

マジョラムズは呟きながら、元の一人の姿に戻る…

カルーア「でも、良かったですわ~皆さんが無事で…」

リコ「カルーアさ~ん!」←カルーアに抱き付く。なお、彼女達の傷はTIGAカズヤに治してもらった
カルーア「ひゃあっ!り、リコちゃん…」

リリィ「よく戻ってきてくれた…助かったぞ。マジョラム少尉」
ナノナノ「やっと皆揃ったね。心配したんだよ…カルーア」
アニス「ったく…本当だぜ」
ナツメ「うむ。苦しゅうないぞ♪」

カルーア「皆さん…本当に、申し訳ありませんでした…」←皆に頭を下げた後、カズヤに振り向く

カズヤ「カルーア…」←変身解いた。

カルーア「カズヤさん…御免なさい。私、彼方の事を…」
カズヤ「もう良いんだよカルーア…僕は君を罰するつもりはない。君が戻ってきてくれただけでも嬉しいから…だからもう、泣かないでいいんだよ。皆も心配してたんだから、笑顔でただいまって言わなくちゃ…」

カズヤは、カルーアが一体化した時、カルーアの心からの謝罪の意を感じた。彼女が部隊の中で、一番に自分に対して好意を寄せていた事を、改めて認識していたのだ…

カルーア「カズヤさん…っ、ぐすっ…カズヤさん!」←カズヤに抱き寄る

カズヤ「わっ、ちょ、カルーア!?」

RA隊「あーっ!?」

カルーア「カズヤさん!カズヤさん!!わああああああ~」←急に泣き出す

リコ「…」アニス「…」ナノナノ「…」ナツメ「…」リリィ「…」

(まぁ、しょうがないか…気持ちは同じだからね)

カルーアの気持ちを察し、少し後ろめたい気持ちもあったが、取り敢えず笑顔になるリコ達。突然泣き縋られたカズヤも、カルーアの帰還を思う親友達の気持ちを察し、暫し彼女の涙を拭う事にしたのであった…

テキーラ(良かったわね…カルーア)
ベリータ(カズヤも有難う…この子の命を守ってくれて…)



次回予告…
『RA隊抹殺を狙うラキアは、ルーンハンティング第2号体“ギラランガ”をヘレアとセレナに送りつけさせる…一方のRA隊は、ソルダムの仰天な計らいで、カズヤとの縁談話を持ち上げられた!リコ達の親族・家族も巻き込んでの大騒動…カズヤよ、ギラランガを倒しリコ達とその家族を救うのだ!次回『ウルトラ婚約劇』お楽しみに!』

RA隊「け、けけけ結婚―――!!?」カズヤ「これは番組始まって以来の仰天事態ですなぁ…」
グリッターTIGA 2009/08/18(Tue)20:23:49 編集
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
プロフィール
HN:
アリレ
性別:
女性
職業:
どっかで時報少女やってました
趣味:
絵を描くことと妄想
自己紹介:
ギャラクシーエンジェルとテニスの王子様、
HUNTER×HUNTERとギャグマンガ日和、
リトルバスターズ!が大好きな人がもそもそ
なにかやってます。亀更新です。
H×Hと日和はまだまだ勉強中。
最近ヘタリアに再熱、もそもそ勉強中です。
あと今までハマったことないジャンルにハマって
びくびくしてます。

―――――――
アイコンはれりうむさんに頂きました。
れりうむさんありがとう!
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[01/07 volosyjn]
[12/06 drmirgwo]
[02/11 StevenEi]
[05/31 アリレ★管理人]
[09/06 シルア]
最古記事
pixiv
スーモ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
うたプリ
うたの☆プリンスさまっ♪Debut 神宮寺レン(CV.諏訪部順一)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright ©  意味不明な謎日記(雑記)  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]